top of page
  • 執筆者の写真cocorolargo

ストレスチェックの集団分析を活用していますか?

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問表(選択回答)に記入し、自分のストレス状態を調べる検査のことです。


「労働安全衛生法」に従い、職員が50名以上いる事業所では、毎年1回、労働者に対して実施することが義務付けられているため、多くの企業が取り入れているかと思います。



ストレスチェックの集団分析を活用していますか?


ストレスチェックの個人の結果は本人の許可がない限り、本人しか見ることができません。


しかし、部署ごとの平均である集団分析は事業主が見ることができます。


集団分析を見るときは下記のポイントを確認するといいでしょう


1.ストレスレベルの分布: 従業員の大多数がどの程度ストレスを感じているかを把握する


2.特定の部門やチームの比較: 異なる部門やチーム間でストレスレベルに違いがあるかどうかを確認。特定の部門やチームが他の部門やチームよりも高いストレスレベルを示している場合、その要因を特定し対処することが重要


3.ストレスの主な原因: 従業員が最もストレスを感じる原因を特定する。組織がストレスを引き起こす可能性のある要因を理解し、対策を講じることができる


4.従業員のニーズと要望の把握: 従業員がストレスを軽減するためにどのようなサポートやリソースを必要としているかを把握従業員のニーズに応えるための適切な措置を講じることができる


ストレスチェック後の集団分析では、何をどのように見ていくかを早い段階で決定し、数年単位で確認し、改善を繰り返していく必要があります。


ストレスチェック集団分析の読み方の解説や、改善の取り組み案の提供等が必要な場合はご連絡ください。その部分だけでもお手伝いすることが可能です。


ストレスチェックはやりっぱなしにしないことが大切です。従業員さんの結果を職場環境改善に活かすよう努めていきましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

留言


留言功能已關閉。
bottom of page