top of page
  • 執筆者の写真cocorolargo

「頑張りすぎた」「疲れた」と感じたときの帰り道の過ごし方

仕事後に「心と体の疲れがすごい」「心身がボロボロだな」と感じたらそれは無理をしすぎた証拠です。


「どうにかしよう」「なぜこんなことに」と悩む前に、まずは、「お疲れ様」と自分をねぎらうところからスタートしましょう。


そして、仕事の帰り道にあれこれ考えたりするよりもボーと過ごすのをお勧めします。


「頑張りすぎた」「疲れた」と感じたときの帰り道の過ごし方

ボーと過ごすと言ってもやり方があります。

以下の2つのステップをやってみましょう。


STEP① まず、顎を少しだけ持ち上げて、視線は下向きよりも気持ち上向きでいましょう。


要は姿勢を正すということです。これにより縮まっていた胸が開き、呼吸が入りやすくなります。


STEP② その後、呼吸をしていきましょう。


その時に、吸うときよりも長く息を吐くことを心がけましょう


吸う呼吸が1としたら、吐く呼吸はそれ以上の長さで。例えば、1・2・3秒で息を吸ったら、3秒以上の長さを意識して息を吐きましょう。


「鼻で吸って、鼻から吐く」でも、「鼻から吸って、口から吐く」でもどちらでもいいです。


そして、意識は自分の呼吸音に向けましょう。「スーハ―」といった自分の小さな呼吸に耳を澄ませてみましょう。


地味で効果が見えにくく感じるかもしれませんが、「疲れすぎている」と感じるのは、自律神経が高まった状態が長かった可能性があります。そのため、仕事の帰り道では自律神経を落ち着かせる方法を取りましょう。


そうすることで、質の良い夜の睡眠にも繋がりやすくなります。


疲れすぎているときは、何かを積極的にするというよりも自分の自律神経を整える

ことをするのを選択肢の1つに入れてみてもいいのではないかと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page