top of page
  • 執筆者の写真cocorolargo

新マネージャーが感じるストレスの種類について

マネジメントを任されるようになったとき、どんなストレスがあるかを知っているだけでもストレスマネジメントになります。


そこで、仕事が評価され、昇格して、リーダーになった、主任になったなど、マネジメントを任されるようになった人のストレスについて3つにまとめてみました。



新マネージャーが感じるストレスの種類について


①自信のなさによるストレス

管理の知識不足やスタッフ支援体制の不備を感じ、管理者として期待に応えられないという気持ちになり、ストレスになることがあります。


自分自身が思っていた以上にまとめることができない、マネジメントの知識がないことを

自覚するが故のストレスです。


②調整役としてのストレス

職務満足を考えた勤務編成や従業員同士のトラブルを緩和するという役割に対してストレスになるということがあります。


従業員1人1人考え方や仕事のやり方には違いが出てきてしまうものです。それにより従業員間のトラブルが出てきてしまうことがあります。人間関係を緩和する、調整する役割を担うことのストレスです。


③ワークライフバランスが乱れることのストレス

自らの役割の多さや、責任の重圧から、家庭との両立の困難さにストレスになるということがあります。


会社でのポジションが変わることで、自分のリズムを崩しやすくなり、家庭とのバランスが崩れやすくなってしまいます。


新マネージャーになる方は、ぜひ上記のようなストレスがかかるかもしれないということを自覚しておきましょう。


ストレス対策は自分がストレスを感じているということを自覚することからです。


そして、ストレスを感じている、自信がなくなっていると感じたら、その気持ちを否定せず、誰かに相談をする(気持ちを吐き出す、助言をもらうなどの効果があります)、解決策を探す(リーダーシップ・マネジメント研修や、新リーダーについての書籍も役立ちます)など、自分自身のモヤモヤが晴れる方法を試していくといいでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page